LEAVE HOSPITAL産後退院タクシー

  • 新生児を外気から守る
  • 退院時の荷物の運搬
  • 親族の乗り合い乗車

産後退院にジャンボワゴンタクシーを貸切利用いただけます

産後退院の時期の目安は出産日から1週間後。まだ母親の体力も完全に戻っておらず介添えも必要であるため、退院の足にはタクシー利用をおすすめします。6歳未満の子どもが車に乗る場合、チャイルドシートの設置が義務付けられていますが、タクシーの場合はどうでしょうか?退院時にタクシーを使う場合の予約方法や、用意すべき持ち物も合わせて紹介します。

新生児のタクシー乗車にチャイルドシートは必要?

新生児のタクシー乗車にチャイルドシートは必要?

結論からいうと、産後退院で新生児と一緒にタクシーに乗車する際には、チャイルドシートを設置する必要はありません。チャイルドシートの設置義務に触れた法律は、個人が運転する場合に焦点を当てているため、タクシーにおいては着用義務は免除されているのです。大手メーカーのCombi(コンビ)などから新生児用のチャイルドシートが販売されていますが、産後退院の移動のためだけに購入・レンタルする必要はありません。

 

チャイルドシート設置が法律で免除されている理由

タクシーでチャイルドシートの設置義務が免除されている理由は、タクシーは不特定多数の人が利用する乗り物だからです。赤ちゃん・子どもそれぞれの身長や体重に対し、すべての条件を満たせる補助機材をタクシー会社が常に準備しておくことはできません。そのため、タクシーではチャイルドシートの設置が義務付けられていないのです。

赤ちゃん連れで安全にタクシーに乗る方法

安全にタクシーに乗る方法

生まれたばかりで外気に慣れていない赤ちゃんを連れて移動する際、多くの人が乗車している電車やバスなどの公共交通機関の利用には、なにかと不安を感じるものです。一方、タクシーではそのようなことはないので安心ですが、乗車時にはいくつかの注意点があります。

 

抱っこの仕方とシートベルトのつけ方

新生児と一緒にタクシーに乗る場合は、おくるみなどに包んで抱っこして乗車しましょう。赤ちゃんはまだ首が座っていない状態なので、しっかりと優しく支えてあげなければいけません。なお、シートベルトは母親だけが装着するようにしてください。赤ちゃんと一緒にシートベルトをしてしまうと、万が一の事故のときにベルトが締まって、母親とベルトの間に赤ちゃんが挟まってしまう恐れがあります。

 

抱っこ紐を装着したままタクシーに乗るのはOK?

抱っこ紐を装着したままタクシーに乗る

抱っこ紐をつけたままタクシーに乗るのは、おすすめできません。前述のようにベルトが赤ちゃんを巻き込んでしまう恐れがあるほか、急ブレーキの際などに赤ちゃんが圧迫されてしまうことが考えられます。また、抱っこひもをつけたままだと、乗り降りの際に引っかかってしまうリスクもあります。転んでしまったりしては危険なので、赤ちゃんと一緒にタクシーに乗る場合は抱っこ紐を外しての乗車がおすすめです。

 

新生児が車で1時間以上移動しても平気?

里帰り出産となると、病院から自宅への長距離移動が発生するケースも少なくありません。長時間車に乗せていると、赤ちゃんの疲労は非常に大きくなります。1時間以上の移動の場合は、こまめに休憩を取ることが大切です。授乳をしたり、汗を拭いてあげたりすると、赤ちゃんの気持ちも落ち着いてきます。赤ちゃんの日々の様子を見て、機嫌がいい時間帯やよく眠っている時間帯を選んで移動時間にあてるのもよいでしょう。

 

用意しておくと便利な持ち物

新生児向けのクッションが設置されたベビーシートがあると、チャイルドシート、ロッキングチェア、キャリーとしても利用できます。また、移動中に日光があたってしまうと、赤ちゃんはまだ肌が弱く体温調節機能も整っていないため、ダメージを受けてしまいます。赤ちゃん用の日焼け止めを用意しておくとよいでしょう。赤ちゃんの注意をひくような音の出るおもちゃなども用意しておくと重宝します。

産後退院タクシーの予約・利用方法

産後退院タクシーの予約・利用方法

産後退院でタクシーを利用するのであれば、当日にタクシーを探すよりも事前予約が確実です。

 

予約のタイミングは退院日が決まってからでOK

退院日の目安は出産からおおむね1週間後となりますが、人によっても差が生じます。出産日も予定日からずれこむ可能性があるため、早めに予約をしてしまうと都度変更をしなければなりません。タクシーの予約のタイミングは、赤ちゃんを出産後、退院日が決まってからで問題ありません。

 

大型ジャンボワゴンタクシーが便利

大型ジャンボワゴンタクシーが便利

産後退院移動には入院時の大荷物がつきもので、さらに大勢の親族が一緒に乗るケースも考えられます。そのため、アルファードやハイエースなどの大型車をハイヤーサービスにて貸切利用できる、ジャンボワゴンタクシーがおすすめです。最大9人まで乗車可能で荷物や人数が多くなっても対応できるだけでなく、赤ちゃんを抱っこしたまま母親が乗り降りしやすいというメリットもあります。

ジャンボワゴンタクシーの車両を詳しく見る

 

ジャンボワゴンタクシーのご利用料金

ジャンボワゴンタクシーは完全予約制のサービスとなり、走行距離はご利用料金に加味されない、時間に応じた定額料金を採用しています。ご利用人数に関わらず料金は一律となりますので、親族でのご乗車など大人数でのご利用に最適です。

時間 乗車料金
2時間 17,200円~(税別)
3時間 25,480円~(税別)
4時間 30,600円~(税別)
5時間 38,340円~(税別)
6時間 46,080円~(税別)
7時間 53,820円~(税別)
8時間 55,710円~(税別)

※22時~5時 は深夜料金1,000円(税別)/30分 が別途かかります。
※有料道路・高速道路・駐車場利用料金は実費負担になっております。
※時間換算は、基本的に車庫などからの発車~帰庫までとなっております。

 

ご利用料金を詳しく見る

産後タクシー利用料金は医療費控除の対象になる?

産後タクシー利用料金は医療費控除の対象になる

産後タクシーの利用料金は、状況によっては医療費控除の対象となります。

原則として、医療費控除の対象は公共交通機関利用時の交通費に限られるため、タクシーはそこに含まれてません。しかし、安静のために医師がタクシーの使用を指示している場合や、病院へのアクセスに適した公共交通機関がない場合には、タクシー利用費も医療費控除の対象として見なされます。

産後退院の足に最適なジャンボワゴンタクシー

法律の観点からは、タクシーに乗る際にチャイルドシートを設置する義務はありません。しかし、新生児を連れて安心して移動するためにも、チャイルドシートやベビーシートなど事前準備は大切です。オプションとしてチャイルドシートもご用意しておりますので、ご利用の際はお申し付けください。

アルファードやハイエースなどジャンボワゴンタクシーであれば乗り降りもしやすく、大荷物・大人数にも対応できます。ご予約・お問い合わせをお待ちしております。

 

お見積り・お問い合わせはこちら