深夜にタクシーを呼ぶ・手配する方法

飲み会や接待、遅い時間までの残業、終電過ぎの深夜便飛行機での到着など、深夜帯の足としてタクシーを利用することは少なくありません。しかし、渋谷や新宿周辺などではタクシー乗り場は大行列、流しのタクシーもまったく捕まえられないケースもよく見受けられます。

すでに電車がなくなってしまった深夜の時間帯にタクシーを呼ぶにはどのような方法があるのでしょうか。首都圏でのタクシー利用にあたり知っておきたい、深夜にタクシーを呼ぶテクニックや予約方法を紹介していきます。

呼べない、捕まらない、東京の深夜タクシー事情

東京の深夜タクシー事情

日本の人口が集中している東京は、タクシーの台数もほかの地方都市の比ではありません。しかし、それでも東京で深夜に流しのタクシーを捕まえるのは容易ではなく、配車を断られることも珍しくありません。それには以下の理由が挙げられます。

 

法人タクシーは午前2時~翌朝8時の間に運転手が交代することが多い

タクシー会社では深夜帯に前日勤務の乗務員が営業所に戻り、翌日勤務の乗務員と交代します。そのため「回送」となるタクシーが増え、実際の稼働台数が少なくなるため、街を流すタクシーの数も必然的に少なくなります。

 

稼働台数が少ないため、急な呼び出しは断られることもある

稼働台数が少ないと余っているタクシーも少なくなるため、急な呼び出しに応じられないこともしばしばあります。

 

個人タクシーも帰宅していることが多い

個人で営業しているタクシーも、その多くは深夜には帰宅してしまいます。こちらも深夜帯にタクシーの稼働台数が減ってしまう要因のひとつです。

 

繁華街での週末の夜はさらに捕まえにくい

週末には営業時間を延長するお店も多く、深夜であっても人出が多いため、さらにタクシーが捕まりにくくなります。全体的なタクシー台数が減る一方で利用希望者は多くなるため、深夜に呼び出しても対応してもらえない可能性が高くなります。

深夜にタクシーを呼ぶテクニック

深夜にタクシーを呼ぶ

深夜にタクシーを呼ぶためのテクニックとして先着時間帯制度が挙げられます。先着時間制度とは、配車時間を30分~60分後に指定をすることで、タクシーを探す範囲を広げる方法です。

通常、迎車依頼をしても半径1kmほどの範囲内からしか空き車両を探せないことがほとんどのため、「今すぐ」というと空車が見つからず却下されてしまいます。そこで「今から30分後」というように時間に幅を持たせると、半径3~6kmほどの離れた位置にいるタクシーも検索対象となるため、捕まえられる可能性が高まるのです。なお、先着時間制度を利用する場合には、メーター運賃以外に、迎車料金や時間指定手数料が発生します。

また、タクシーがいる位置によって、指定場所への到着時刻はどうしても前後してしまうため、時間通りに到着するとは限らないため注意してください。指定場所にタクシーが到着し、予約の時間が過ぎているにもかかわらず依頼者が乗車に遅れた場合は、そこからメーター料金が発生するケースが多いです。

深夜のタクシー予約方法と料金

深夜にタクシーを利用するのであれば、やはり予約しておくのが確実です。ただし、一般的には深夜帯であってもタクシー予約は可能とされていますが、タクシー会社によっては、稼働台数の関係で予約を受け付けていない時間帯もあります。

場所と時間を指定して予約する場合、多くのタクシー会社では410円ほどの時間指定手数料がかかります。また、22時から翌朝5時までの間は、深夜早朝割増としてメーター料金が2割加算されることも忘れてはいけません。予約をキャンセルする場合には、タクシー会社によってはキャンセル料が発生することもあります。

深夜の移動にジャンボタクシー(ワゴンタクシー)

ジャンボタクシー(ワゴンタクシー)でも、深夜ご利用時のご予約を承っております。完全予約制にて貸切利用できる、アルファード・ハイエースの大型2車種を取り扱っており、大人数でのご利用にもご対応しております。

 

アルファード

アルファードタクシー
  • 定員:最大5人(推奨:2~4人)
  • トランク積載量:スーツケース1~4個

 

ハイエース

ハイエースタクシー
  • 定員:最大9人(推奨:4~9人)
  • トランク積載量:スーツケース1~10個

 

アルファード・ハイエースともに、セダン型タクシーと比べてご乗車可能人数が多く、多くの荷物も収容可能な大型車です。黒を基調とした高級感のある車両にて、クライアントとの会食後のご送迎や、深夜帯の羽田・成田空港のご送迎など、ビジネス・プライベートを問わずご利用いただいております。

 

取り扱い車両について詳しく見る

ご利用料金

基本のご利用料金は以下の通りです。

時間乗車料金
2時間16,200円~(税込)
3時間23,800円~(税込)
4時間30,200円~(税込)
5時間37,800円~(税込)
6時間45,400円~(税込)
7時間53,000円~(税込)
8時間62,000円~(税込)

※アルファードご利用時の料金となります。車両により料金が異なります。
※有料道路・高速道路・駐車場利用料金は実費負担になっております。
※時間換算は、基本的に車庫などからの発車~帰庫までとなっております。

ジャンボタクシー(ワゴンタクシー)は、完全予約制のハイヤーサービスとなっておりますが、別途の予約料金は発生いたしません。上記の時間制定額料金を採用しているため、走行距離や乗車人数を問わず、一律料金にてご利用いただけます。

また、料金は請求書払いとして後日にご清算いただくことも可能です。

 

ご利用可能エリア

エリア内での乗車、または降車にてご利用いただけます。対応エリアは東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県です。例えば、三鷹市から出発し、千葉県まで行きたいという場合は問題ありません。出発地も到着地も対応エリアに該当していない場合はご利用できません。

ご利用可能エリア東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県
※上記エリアからの乗車、上記エリアでの降車でご利用いただけます。一部地域によってはご対応できないエリアがございます。

●ご利用いただけるケース

  • エリア内での乗車→エリア内での降車
  • エリア外(茨城県など)での乗車→エリア内での降車
  • エリア内での乗車→エリア外での降車

 

多彩な活用シーン

アルファード・ハイエースともに、大人数のご乗車と大容量の荷物収納に対応しており、その特徴から、さまざまな用途にてご利用いただいております。

 

ご予約・お見積もり

ご予約はWeb・電話・Faxがご利用いただけます。ご利用いただきたい日時が決まっているのであれば、事前予約が確実です。当日のご利用の場合には、まずはお電話にてご連絡くださいませ。

お電話でのお問い合わせ
0120-949-994

 

事前のお見積もりも承っております。お問い合わせフォームより、お気軽にお申し付けくださいませ。

※キャンセルされる場合は、3日前で50%、2日前で75%、前日・当日では100% のキャンセル料が発生します。

 

ご予約・お見積りはこちら

深夜のタクシー利用は事前予約が確実

深夜の時間帯はタクシーの稼働台数自体が少なくなるため、流しのタクシーもなかなか捕まえられず、呼び出しも困難となるケースも少なくありません。確実に手配するには、やはり事前予約が確実です。

ジャンボタクシー(ワゴンタクシー)でも、深夜時間帯のご予約を承っております。大切なクライアントとの会食後のご送迎や、羽田・成田空港へのご送迎など、終電を過ぎた深夜帯の移動手段に最適です。ぜひご利用くださいませ。

当サイトのコールセンター・請求代行業務はグループ会社の株式会社ビジョンにて対応しております。